児童・幼児航空券

一、児童、幼児旅客の定義

児童:ご搭乗日の年齢が2歳以上、12歳未満の旅客。

乳幼児:ご搭乗日の年齢が14日以上(搭乗者が早産児の場合、満90日でなければならない)2歳未満の旅客。

二、搭乗に必要な身元証明書

児童用航空券、乳幼児用航空券をご購入の場合、児童や乳幼児の生年月日の有効証明書を提示しなければならない。例えば:国内線をご利用の中国大陸の住民の場合、出生証明、身分証明書又は戸籍簿の原本を提示する。海外旅客の場合、有効期限内の非国民パスポート、帰郷証(香港住民)、台湾居民来往大陸通行証(台湾住民)の原本を提示する。国際線とリージョナル線で出入国に関わる場合、税関部門及び出入国管理局に出国に適用する証明書を確認することが必要とする。

三、購入注意事項

航空券種類 運賃 座席 同伴する成人に関する要求 備考
児童用航空券 国内線 ファーストクラス、ビジネスクラス及びエコノミークラス航空券原価の50%で購入する。空港建設費を免除、燃油サーチャージを半額とする。成人の運賃が五割引以下の場合、児童が特別運賃の座席を予約する場合、予約の取消や変更に関してその座席に相応する規定に従い実行する。 座席を提供する 18歳(含む)以上の成人のみ、児童/乳幼児をお連れになることができる。 深セン航空が実際に運航を引き受ける便にご搭乗の場合、同伴する児童の人数に関する制限はない。コードシェア便にご搭乗の場合、実際に運送を引き受ける航空会社の規定に準じる。
国際線 ビジネスクラス及びエコノミークラスの公表運賃に相応する割引価格の75%で購入する。予約の取消や変更に関して、その座席に相応する規定に従い実行する。成人が格安航空券をご購入の場合、児童用航空券の価額はシステムで検索できる価格に準じる。税金と費用はシステムで検索できる価格に準じる。
幼児航空券 国内便 ファーストクラス、ビジネスクラス及びエコノミークラスは、航空券原価の10%で購入する。空港建設費と燃油サーチャージの全額を免除する 座席を提供しない 大人一名につき、乳幼児二名までお連れになることができる。乳幼児の人数が一名を超過する場合、超過部分は児童用航空券を購入しなければならない、
国際線 ビジネスクラス及びエコノミークラスの公表運賃に相応する割引価格の10%で購入する。予約の取消や変更に関して、その座席に相応する規定に従い実行する。成人が格安航空券をご購入の場合、乳幼児用航空券の価額はシステムで検索できる価格に準じる。税金と費用はシステムで検索できる価格に準じる。

【ご注意】児童や乳幼児用航空券のサービスランク(ファーストクラス/ビジネスクラス/エコノミークラスを指す)は、同伴する成人が実際に座る座席のサービスランクと一致しなければならない。例えば、同伴する成人がファーストクラスの航空券をご購入の場合、児童もファーストクラスの児童用航空券を購入すべきである。エコノミークラスの児童用航空券を購入してはならない。