フライトキャンセルの補償に関する通知

深圳航空は発行済みのスケジュールでの運航に最善を尽くします。しかしながら、それが不可能で、フライトが遅延もしくはキャンセルされる場合があります。この通知は、万が一このことが発生した場合のEC規則No. 261/2004に基づくお客様の権利に関するものとなります。お客さまに契約上の追加の権利を付与するものではありません。

以下の場合、お客様には本規則に従う補償を受ける権利が発生する場合があります。

• お客様にコンファームされた予約があり、深圳航空がそのフライトの運行会社であること

• お客様の旅行チケットが公共で利用可能な価格で購入されたものであること(フリークエントフライヤープログラムを含む)

• お客様が表示された時間、もしくは時間が表示されていない場合は出発の45分前より以前に、完全にチェックインをしている。もしくは、

• • 出発国で補助を受けていない場合で、EUの航空会社でEU加盟国へ渡航する場合

健康、安全、保安、あるいは渡航文書の不備を理由として搭乗を拒否された場合、お客様はそれらの権利を有しません。旅行代理店、ツアー会社あるいはオンライン(www.shenzhenair.com以外)により予約をした場合、返金は当該予約先に直接請求をお願い致します。

1.補償の権利

1.1 以下のいずれかの場合、お客様は補償の請求を行うことが出来ます。

1.1.1 お客様の最終目的地への到着が3時間を超えて遅延した場合で、遅延が航空会社の管理の範囲内による原因で発生した場合(あらゆる合理的な手段によっても回避することが出来なかった異常な状況は除く)。もしくは、

1.1.2 予定する出発日から14日未満の期間で、航空会社の管理の範囲内の原因で発生したキャンセル(あらゆる合理的な手段によっても回避することが出来なかった異常な状況は除く)の通知を受けた場合。ただし、以下の時間内で出発しかつお客様の最終目的地へ到着する他のルートの提示を受けた場合は除く。

1.1.2.1 予定出発時刻の13日から7日間前の期間にキャンセルの通知を受け、予定出発時刻より2時間以内の時間で出発が可能で、かつお客様の最終目的地に予定到着時間から4時間後を超えない時間内に到着可能な別ルートが提示されている場合。もしくは、

1.1.2.2 予定出発時刻から7日間未満の期間にキャンセルの通知を受け、予定出発時刻より1時間以内の時間で出発が可能で、かつお客様の最終目的地に予定到着時間から2時間後を超えない時間内に到着可能な別ルートが提示されている場合。

1.2 補償のレベルは以下の通りとなります。

A 1,500km以内のフライト 250ユーロ
B EU域内の1,500kmを超えるフライト、および1,500kmから3,500kmの間のその他すべてのフライト。 400ユーロ
C AもしくはBのいずれにも当てはまらないフライト 600ユーロ

1.3 お客様に提供された最終目的地へのルート変更による予定到着時刻が、当初のフライトによる予定到着時刻から以下の時間を超えて遅延しない場合、補償は50%減じられます。

1.3.1 1,500km以内のフライトの場合、2時間

1.3.2 EU域内の1,500kmを超えるすべてのフライト、および1,500kmから3,500kmの間のその他すべてのフライトの場合、3時間

1.3.3 すべてのその他のフライトの場合、4時間

1.4 予定出発日から14日以上前にキャンセルの通知を受けたお客様は補償の対象とはなりませんのでご注意願います。お客様、チケットの購入者、あるいは旅行代理店による予約により運航航空会社に通知された連絡先情報を通じてお客様にキャンセルの通知が行われます。

1.5 当社は本セクションの下で支払いの義務のある補償を現金、プリペイドカード、EFT、銀行小切手、あるいはお客様の書面による了解により旅行クーポンにより支払います。

2. 払い戻しあるいはルート変更の権利

2.1 お客様のフライトがキャンセルとなる場合、搭乗が拒否された場合、あるいはお客様のフライトが5時間以上遅れた場合、お客様は以下から選択する権利を有します。

2.1.1 旅程が実施されなかった一つまたは複数の部分、およびフライトがお客様の当初の旅程に関する目的をもはや果たすことができない場合、すでに実施された一つまたは複数の部分に関し、購入金額でのチケットの費用の全額の最短期間での払い戻し、ならびに適用となる場合は、最も早いタイミングで最初の出発点へ帰還するフライト。もしくは、

2.1.2 空席状況に従う、最も早いタイミングあるいは後日お客様の都合の良い日程での、同等の輸送条件でのお客様の最終目的地への別ルート提供。

2.2 当社がお客様に対して予約をされた空港以外の空港へのフライトを提示した場合(当該の町、市、あるいは地域がいくつかの空港でカバーされる場合)、当社はお客様がその代わりの空港から予約していた空港もしくはお客様が同意するその他の近接する目的地への移動費用を支払います。

2.3 当社は、現金、プリペイドカード、EFT、銀行小切手、あるいはお客様の書面による了解により旅行クーポンにより、お客さまへ弁済いたします。

3. 配慮を受ける権利

3.1 お客様が搭乗を拒否された場合、お客様のフライトがキャンセルとなった場合、または予定出発時刻より3時間以上遅延した場合、かつお客様の新たなフライト(存在する場合)の出発見込み時間が、当初発券されたフライトと同一日の場合、当社は以下を無料で提供致します。

3.1.1 待ち時間に合理的に対応する食事および軽食。ならびに、

3.1.2 2回分の電話、テレックス、ファックスあるいはEメールメッセージ

3.2 自らの意思でなく搭乗が拒否された場合、あるいはお客様のフライトがキャンセルもしくは遅延した場合、かつ、新たなフライトの出発見込み時間が、当初発券されたフライトの出発時間の少なくとも翌日以降の場合、当社は以下を無償で提供致します。

3.2.1 一泊以上の宿泊が必要となる場合、またはお客様の予定に追加しての滞在が必要となった場合、ホテル宿泊施設。ならびに、

3.2.2 宿泊施設(ホテルやその他の施設)と空港間の交通手段。

3.3 当社は、配慮の提供が更なる遅延を発生させる場合、配慮の提供に関するお客様の権利を制限あるいは拒否する場合があります。

4. 搭乗の拒否

お客様の搭乗をお断りする前に、当社は合意された補償あるいは利益の提供の見返りとして、座席を自主的に放棄されるお客様を募ります。自主的に座席を放棄する場合、お客様は本通知の第3項に記述の配慮を受ける権利を得ることになります。また、お客様は、本通知の第2項に記述のルート変更あるいは払い戻しを受ける権利を得ることになります。十分な人数の自主的な申し出がなく、自らの意思で無く搭乗を拒否された場合、本通知の第1、2および3項に規定される権利を得ることになります。

5. 影響を受けないその他の権利

5.1 前述の権利は、お客様の更なる補償に対してお客様が保有するあらゆる追加の権利を毀損することなく適用されます。本通知に記述される補償は、そのような追加の補償から控除されることがあります。

6. 連絡先情報

6.1. お客様が権利を行使する能力について苦情がある場合、以下に記載の連絡先に連絡をお願いいたしします。[ 連絡先].

お客様の苦情に対する当社の返答に不服がある場合は、本通知に概説する補償と補助の規定を執行するために各EU加盟国が指定している関連国家執行機関にお客様の苦情を申し立てることができます。連絡先詳細: http://ec.europa.eu/transport/themes/passengers/air/doc/2004_261_national_enforcement_bodies.pdf.