特殊需要乗客

一、使役犬をお連れの旅客

目が不自由の方や聾唖旅客がお連れの、専門的訓練を受けた盲導犬や聴導犬は、深セン航空の許可を得て、客室に連れ込むことができる。

1、搭乗注意事項

旅客は満16歳の障害者の場合、単独で使役犬を連れて搭乗することができる。

使役犬の携帯が必要とする場合は、遅くも離陸48時間(含む)前までに、深セン航空のサービスホットライン95361に電話をかけ、或は深セン航空指定の販売所で航空券の購入とサービスの申請を行ってください。

航空券購入及び搭乗時、使役犬の身分証明と検疫証明をご提示ください。旅客は使役犬を連れて、遅くも離陸予定時刻の120分前までに空港にご到着ください。

お連れの使役犬に口輪とリードをお付けてください。

2.適用運賃

旅客本人の航空券には運賃制限がなく、通常の旅客と同様に各種の割引運賃を受けることができる。同時に、旅客がお連れの使役犬のために追加料金を支払う必要は一切ない。

旅客が使役犬を受託手荷物として運送することに同意した場合、小動物の運送規定に従い、容器と食料を無料で運送できる。その重量は無料手荷物許容量に計算されない。

3、機内サービス

我々は旅客に適する位置の座席をできる限り手配する。旅客の必要に応じて、我々は:

手荷物の放置と受け取りを手伝う;;

座席の移動を手伝う;

食事の準備を手伝う;

トイレと座席の間の往復を手伝う。

二、視覚または聴覚障害者

旅行の順調を確実に保障するために、単独で旅行する目が不自由の方や聾唖旅客に必要なガイドと協力サービスを無料で提供できる。このサービスを予約する場合、深セン航空サービスホットライン95361に電話をかけ、或は深セン航空の指定販売所にお越し、航空券の購入とサービスの申請をお行いください。

1、搭乗注意事項

安全の配慮から判断し、16歳未満の目の不自由の方や聾唖旅客が搭乗する際に、満18歳(含む)且つ完全民事行為能力を有する旅客の同行が必要とされる。

2、機内サービス

我々はお客様の旅行にできる限りの便利を提供する。旅客の必要に応じて、我々は:

手荷物の放置と受け取りを手伝う;

座席の移動を手伝う;

食事の準備を手伝う

トイレと座席の間の往復を手伝う。

三、知能または精神障害者

安全の配慮から判断し、知能または精神障害者が搭乗する際に、満18歳(含む)且つ完全民事行為能力を有する旅客の同伴が必要とされる。