けがや病気のお客様

病気の旅客:病気にかかり、指定の医療機関が発行した、搭乗適性を証明できる診断書を提示し、飛行機に搭乗する旅客のことを示す。

一、病気の旅客は、航空券を購入する際に、県市級以上の病院が発行する搭乗適性を証明できる診断書を提示しなければならない。診断説明書は必ず離陸時刻まで96時間以内発行されたもので、検査病院の捺印と医師の署名、「XX日までに搭乗に適宜する」という文字を揃いうもののみが有効とする。現場スタッフが必要と合理的に判断した場合、空港の救急センターの検査に応じるように要求し、搭乗の適否を確認することもあるので、ご指示とご協力お願い申し上げる。


二、旅客の診断証明書がない、又は航空会社に協力せず、空港救急センターの検査を応じないが、搭乗を強烈に要求する場合、現場スタッフは当該旅客に『リスク告知確認書』の記入を要求する。搭乗中に事故が発生した場合、旅客は自ら責任を負うことになる。