客室安全

旅客を安全に目的地に届けることが我々の責任である。ご搭乗中、私達は各安全規定を厳格に履行し、旅客の機内安全を第一にする。安全で快適な機内環境のために、旅客の皆様が我々とともに努力することが必要である。ご搭乗の前に、以下のないようを理解し、その通りに実行するようにお願い申し上げる:

(一)安全デモンストレーション

旅客の機内安全を確実に保証するために、我々は機内放送で守るべき機内安全規定を案内する、或いは機内安全に関するのビデオを再生する。従って、我々の客室乗務員が安全デモンストレーションを行う時、安全規定を説明する時、或いは機内安全ビデオを再生する時に、ご注目お願い申し上げる。全行程において機内安全規則を遵守するように、ご協力ください。

(二)電子機器の使用禁止と制限

(1)飛行機のドア閉める時点から開くまでの間、機上人員が電子機器を起動及び使用することを禁止する:携帯電話(フライトモード含む)、リモコン玩具及びその他の遠隔装置付き電子設備、民航総局または深セン航空が飛行機の安全運行に妨害を与えると認定した電波を発する装置や設備。飛行中、機長が電子妨害を発見し、それを機内人員が使用する携帯型電子装置によるものと疑う場合、当該携帯型電子装置のスイッチを切るように要求する権利を有する。

(2)飛行機は離陸、上昇、降機及び着陸などの飛行重要段階において、すべての電子機器のスイッチがオフになっていることを確認しなければならない。

(三)深セン航空の全ての飛行機には、その機種に相応する『安全注意事項カード』を配備している。当該カードは前方座席背後のポケットに入れてある。搭乗後、できるだけ早くお読みください。

(四)泥酔状態、又は麻薬に影響される旅客の搭乗が禁止されている。同時に、旅客が我々と一緒に「事態を直ち制御、対立の激化を防止、機内制御、地上処理」という原則に従い、機内の広範囲の騒動と秩序の乱れを避け、機内秩序を共同で維持することを望む。

(五)安全飛行のため、深セン航空の機内に喫煙が禁止されている。機内設備を破壊・損害すること、または機内トイレの煙感知器を破壊することを禁止する。

(六)安全を保障するために、飛行機の出口座席(出口座席:当該座席の旅客が障害物を迂回せず、出口まで到着できる座席のこと、また、旅客が出口に最も近い通路から出口まで到着するために必ず通らなければならない座席列の全座席のことを指す。)の旅客には、必ず乗務員の評定が必要である。緊急事態が発生した場合に乗組員に協力できるために、事情に応じて調整する。全ての出口座席の先方座席の背後ポケットに『出口注意事項カード』が用意されており、飛行機離陸する前にそれを閲読し、ご自身と照らし合わせるように、出口座席に着席する旅客に注意する。

(七)中国民航局の公文書及び規則の要求に従い、客室乗務員は離陸20分後又は水平飛行から着陸30分前までの間にのみ、機内サービスを行うことができる。飛行機が滑走、離陸、降機、着陸などの飛行重要段階において、乗務員は安全に関する職責以外の職責を履行してはいけない。