機内サービス

一、ファーストクラスのサービス

1、ファーストクラスの座席を180度にして横になって寝れるか。

現在、深セン航空は一部の機種のファーストクラスのキャビンに180度のフルフラットシートを配備している。路線に制限はない。ご搭乗の飛行機にフルフラットシートがあるかどうかを知りたい場合、95361に電話をかけご確認いただきたい。

2、深セン航空のファーストクラスに座席が何列あるか。一列に座席が何席があるか。

深セン航空のファーストクラスに座席が二列もしくは三列ある。一列につき、四席で、二席ずつ隣接し、それぞれ窓側と通路側である。

3、深セン航空のどのフライトのファーストクラス座席が135度に調整できるか。

現在、180度のフルフラットシートを配備下フライト以外の全ての深セン航空フライトのファーストクラス座席が135度に調整できる。

4、ファーストクラスとエコノミークラスの区别は何だろうか。

グラウンドサービスから機内サービスまで、ファーストクラスは、エコノミークラスより更に快適で利便である。機内食の選択もより多様である。

5、ファーストクラスはどのようなより優れたサービスを享受できるか。

地上には、ファーストクラスの搭乗手続きを行う専属カウンターと保安検査ポイントがあるため、より快速で便利である。専用ラウンジをご利用になれるため、環境がより快適である。優先搭乗やフライト異常時の優先保障を享受できまる。機内には、ファーストクラスの空間が更に大きく、座席がより快適で、ファーストクラス専用のトイレがあり、選べる機内食の種類が更に豊富である。

6.ファーストクラスはVIP送迎バスを利用できるか。

VIP送迎バスをご利用いただける。

7、ファーストクラスには化粧品や歯磨き道具などの用品があるか

申し訳ないが、現在はない。

8、ファーストクラスに無線Wifiがあるか。

現在、深セン線路と北京線路のフライトにのみ無線WIFIがある。即ち深セン航空の曇途サービスである。

9.ファーストクラスに専用トイレがあるか。

ある。

10.割引価格と原価のファーストクラスサービスは同じか。

グラウンドサービスと機内サービスは同じだが、公式サイトのファーストクラス機内食注文サービスを利用できない。

ニ、機内食

1、飛行機内に食べ物はあるか。

深セン航空は機内において飲み物とスナックのサービスを提供する。食事時間にあたって温かい食事を提供する。

2、離陸後どのくらいから機内飲食サービスを受けられるか。

民航局の安全規定によると、客室乗務員は離陸から20分内又は着陸まで30分前に、機内サービスを行うことができない。離陸20分後且つシートベルトのライトが消灯の状態で、機内飲食サービスを提供する。

3、特殊の食習慣がある場合はどうするか。

乗客の食習慣を満たすために、飛行機の離陸時刻の24時間前(含む)に特別食(ベジタリアンビーガンミール、チャイルドミール、ベビーミールなどをご提供できる)を予約できる。特別食の提供を確実に保証するため、航空券を購入する際に航空券発行者に、もしくは購入後深セン航空カスタマーホットライン95361に電話をかけ、注文の申込みを行っていただきたい(機内配備は実物を基準とする)。

4、機内で果物を提供するか。

一部のフライトは果物を提供している。特别食が必要とする場合、航空券をご購入の際に、購入先に連絡し、フルーツプラッターミールを申し込んでいただきたい。

5、機内でアイスクリームを提供するか。

申し訳ないが、現在アイスクリームは提供されていない。

6、機内でアルコール飲料を提供するか。

申し訳ないが現在アルコール飲料は提供されていない。

7、機内のスナックは有料か。

機内のスナックは無料だが、数量限定で提供する。

8、機内でお湯を提供するか。

お湯を提供する。ご希望の場合、乗務員までご連絡いただきたい。

9、機内でドリアン味の食べ物を食べてもいいか。

申し訳ないが、他の旅客に影響を与えないために、現在ドリアン、パラミツのように特殊な匂いを放つ果物を機内へ持ち込めない。

三、機内座席

1、非常口の位置はどこにあるか。

機種によって非常口の位置が異なるので、現在確認できない。搭乗当日に空港でチェックイン手続きを行うスタッフに確認することをお勧めする。

2、非常口座席に座ることについての要求があるか?

非常口の隣の座席をご利用の場合、緊急事態が発生する時、非常口のドアを開け、乗務員に協力する必要がある。従って、非常口座席をご利用の場合、搭乗当日にチェックインカウンターのスタッフは貴方様の状況を判断しその場で取り扱う。

3、深セン航空の飛行機の機種はなんですか。座席はいくつあるか。

深セン航空の機種は一般的にボーイング-737/8、エアバスA320/A319で、いずれも中型飛行機である。ボーイングまたはエアバス系列の飛行機の座席数は大体160座である。

4、機内の座席はどのように分けるか。

深セン航空の飛行機は一般的に単通路型機である。ファーストクラスに座席が二列もしくは三列あり、一列につき四席で、二席ずつ隣接し、それぞれ窓側と通路側である。エコノミークラスは一列につき六席である。

5、座席は航空券の割引と関系があるか。

航空券の割引率は座席と関係ない。必要な場合は、事前に公式ウェブサイトにログインして搭乗手続きを行うことができる。または、空港に到着し搭乗手続きを行う。具体的には現場の取扱状況に準じる。

6、同行者が隣接の座席に座ることができるか。

同行者が隣接の座席を確保したい場合、事前に公式ウェブサイトにログインしてチェックイン手続きを行い、座席を選ぶことをお薦めする。または、搭乗日に現場スタッフに問い合わせていただきたい。具体的には現場の取扱状況に準じる。

7.座席のバックレストが調節できるか。

非常口座席および最終列の座席を除き、全ての座席のバックレストが調節できる。

8、機内座席が固定されているか。

機内座席が全て固定されている。随意に交換することはできない。ご要望がある場合、乗組員まで連絡し、その場で取り扱う。

9、体型が太い人は、もう一席を申し込めるか。

体型が大きいこと、お一人様が2つの座席を占める必要がある場合、快適座席占用の申し込みが必要である。深セン航空の指定販売所で快適座席占用の申し込みを行い、追加料金を支払うことが必要である。

10、書類を沢山持ち込むが、もう一席を申し込めるか。

定額外座席占用をお申込みいただける。申し込む場合、深セン航空の指定販売所で行っていただきたい。

11、快適座席占用はどのように手続きを行うか。

申し込む場合、深セン航空の指定販売所で行っていただきたい。

12、楽器の座席占用を電話で申し込むか。

申し訳ないが、95361電話はお問い合わせのみを取り扱う。楽器の座席占用を申し込む場合、深セン航空の指定販売所で行っていただきたい。

13、座席を占用する手荷物のサイズに規定はあるか。

座席を占用する手荷物の総重量は75KGまでで、その長さ、幅、高さはそれぞれ100CM、60CM、40CMを超えてはならない。

四、機内安全

1、機内でモバイルバッテリーを使えるか。

申し訳ないが、飛行中モバイルバッテリーの使用は禁止されている。

2、離陸後携帯を使えるか。

全行程において、携帯電話(機内モード含む)の使用は禁止されている。

3、機内で撮影ができるか。

撮影は飛行機の通信やナビゲーションシステムを妨害するため、飛行機離着陸時に、全ての電子設備の電源をオフにしていただきたい。飛行機が巡航段階に入れば、正常にご使用いただける。

4、機内でMP3/MP4/ipad或いはノートパソコンを使えるか。

飛行機離着陸時、飛行機通信とナビゲーションシステムへの妨害を防止するため、全ての電子設備の電源をオフにしていただきたい。飛行機が巡航段階に入れば、正常にご使用いただける。

5、機内を歩くことはできるか。

飛行機離着陸時、旅客が機内を歩くことを禁止するが、乗務員は飛行機が平行飛行の段階に入ったことを確認・通告した後、機内を歩くことができる。

6、機内で具合が悪く感じた場合はどうすればいいか。

搭乗後、具合が悪く感じた場合、乗務員に連絡して、対処の協力願いを伝えていただきたい。

7、機内で喫煙できるか。

安全飛行のため、深セン航空の機内は禁煙である。

8、ドア閉鎖後、急用で飛行機を降りることができるか。

機内乗務員に直接にお問い合わせいただきたい。機内乗務員の回答に準じる。

9、機内で緊急事態が発生した場合、どうするか。

緊急事態が発生した場合は、冷静を保ち、現場スタッフの指示に従っていただきたい。

10、機内安全知識の宣伝をどこで見られるか。

旅客の機内安全を確実に保証するために、我々は機内放送で守るべき機内安全規定を案内する、或いは機内安全に関するのビデオを再生する。深セン航空の全ての飛行機には、その機種に相応する『安全注意事項カード』を配備している。当該カードは前方座席背後のポケットに入れてある。搭乗後、できるだけ早くお読みいただきたい。

11、飛行機の窓は開けるか。

申し訳ないが、安全のため、飛行機の窓は開けられない。

12、機内トイレはいつ使えるか。

地上での待ち時間(滑走に入る前)にご利用いただける。離陸後、シートベルトのライトが消灯してから着陸30分前までご利用いただける。飛行機が揺れて、シートベルトライトが点灯しているときは使用禁止である。

五、機内設備

1、機内でパラシュート/酸素マスク等の安全避難設備を提供するか。一般的にどこにあるか。

(1)機内にパラシュートは配備されていない。飛行機は高空で高速飛行するため、一般のスカイダイビングとは異なり、不測の状況が発生しても、ドアを開けてパラシュート使うことができない。

(2)酸素マスクは座席の真上にある。緊急事態が発生すると、自動的に落下する。乗務員は機内で、その具体的な使い方をお教えする。

2、機内の毛布を持ち帰ることができるか。定期的に取り換えるか。

機内の毛布は機内専用品であるため、持ち帰ることも販売することもできまない。当該毛布は防火性能を備え、検疫検査に合格している。また、定期的に消毒するので、ご安心いただきたい。

3、機内に母子専用座席があるか。

申し訳ないが、現在、機内には母子専用座席が設けられていない。

4、機内の雑誌を持ち帰られるか。

機内の雑誌を定期的に更新する。持ち帰ることも販売することもできない。

5、雑誌以外に、新闻を提供するか。

ファーストクラスをご利用の旅客とハイエンド旅客は新聞を提供する。ご希望の場合、乗務員に問い合わせていただきたい。

6、機内には医師や薬品はあるか。

機内に医師はいないが,救急薬箱があり、基本的な介護医療を備えている。不良状況が現れた場合、直ちに乗務員まで連絡していただきたい。

六、機内特色サービス

1、深セン航空の機内にはどのような特色サービスを提供するか。

(1)機内ヨガ体操と手話体操;

(2)休憩カード提示サービス

2、機内でwifiを提供するか。全てのフライトにあるか。

深セン航空は「曇途」キャビン娯楽プラットフォームを開設し、当該システムを利用し、旅客は地上でよく見られるチャットルーム、映画やテレビ、音楽、ニュースなどの機能を1万メートルの上空で楽しめる。旅客はタブレットPC、ノートパソコンなどの端末装置をWIFIに接続し、機内サーバにアクセスする必要がある。現在、深セン航空は当該サービスを提供できるボーイング737−900機種(B−5103、B−5109)を深センと北京を往復する路線に投した。一日約八便が運行する。

3、機内には乗務員によるパフォーマンスがあるか。

路線と飛行時間に応じて、休祝日もしくは一部の特定便の場合、客室乗務員は「ハッピーステーション」を開催する。旅客と一緒にクイズ、ゲーム、パフォーマンスをしてインタラクティブなエンターテインメントイベントを行い、飛行中の雰囲気を盛り上げる。我々のイベントに参加することで、プレゼントを獲得することもある。

4、深セン航空の機内にエクササイズがあるか。

飛行時間が二時間以上の一部のフライトの場合、旅客を引率してエクササイズを行い、長時間飛行の疲れを解消する。

5、機内でプロポーズや友人の誕生日パーティーを手配できるか。

申し訳ないが、現在深セン航空には相応するサービス手順がない。乗組員と相談することをお勧めする。

6、旅客の誕生日に、プレゼントはありるか。

搭乗日がちょうど旅客の誕生日の場合、我々は精美なバースデーカードをご用意し、1万メートルの上空で最も美しい祝福をお送りする。

7、機内にはスリッパがあるか。

申し訳ないが、現在ファーストクラスでのみ提供するが、エコノミークラスにはばい。

8.長距離飛行の場合、旅客が眠る時にアイマスクを提供するか。

申し訳ないが、このサービスはない。

9、搭乗後のグレードアップはできるか。

現在我々は全新なIPADグレードアップシステムを開発し、機内グレードアップを実現した。機内の支払い方法として、クレジットカード、微信決済、現金等多様な選択がある。料金はご購入の航空券の割引によって異なるが、機内IPADグレードアップシステムが表示する当日の料金に準じる。