空港サービス

一、乗り継ぎ便

1、「乗り継ぎ便」とは

乗り継ぎの方法で目的地に到着する旅行方式を指す。シームレスともいう。

2便の乗り継ぎ時間はどれくらいか。

出発地と目的地が共に中国大陸地区にある場合、2つの便の時間間隔は2時間以上24時間以内でなければならない。原則として宵越しの乗り継ぎを許可しない。

出発地と目的地のいすれかが中国大陆地区以外にある国際線の場合、2つの便の時間間隔は2時間半以上24時間以内でなければならない。原則として宵越しの乗り継ぎを許可しない。

3、乗り継ぎ便の座席は事前に選べるか。

乗り継ぎ便をご予約の際に、電話、ウェブサイト、ショートメールなどの方法で事前に座席を選ぶことはできない。空港にお越しいただき、その場で行っていただきたい。

4、乗り継ぎ便の時間間隔は長い場合、食事や宿泊の手配があるか。

ない。食事や宿泊についてご自身で解決いただきたい。

5、便の時間間隔が2時間以内の場合はどうするか。搭乗に影響するか。

時間間隔が2時間未満の二つの便の予約を堅持する場合、搭乗手続きを行う時間が不十分のため、接続便に搭乗できない可能性がある。後続の航空券変更や払い戻しに関しては、自主的変更・払い戻しの規定に従う。

6、乗り継ぎ便のチェックイン手続きを一回で済せるか。手荷物のスルーチェックインはできるか。

各地の空港によって実行状況が異なるため、現場の取り扱い方法に準じる。

7、乗り換え便を予約した場合、乗り換え空港のターミナルを出ることができるか?

現場のスタッフに問い合わせていただきたい。現場の指示に準じる。

二、経由便

1、「経由便」とは。

経由便とは、始発地と目的地以外の第三地点で降機する便のことを指する。主に燃料補充、第三地旅客搭乗、貨物運搬などに使われる。一般に航空会社は旅客を飛行機から降りるようにを必要するが、荷物は飛行機に置いたままで構わない。

2、経由便の場合、経由地で再びチェックイン手続きを行うか。

必要はない。出発地で行うだけで結構である。

3、経由便の場合、飛行機を変えることがあるか。

経由便の場合、飛行機を変える必要はございません。特別な理由で飛行機を変える場合、現場スタッフの調達に準じる。

4、経由地で飛行機を降り、経由地から目的地までの旅行を取りやめることができるか。

原則として、航空券に標示した出発地や目的地に従って旅行しなければならない。経由地で旅行を取りやめることが許可されないん。経由地で飛行機を降りることを自主放棄とする。特殊事情の場合、乗務員にご相談ください。現場の手配に準じる。

5、全行程において、経由地で飛行機を降りて休憩を取ることはあるか。

経由地で飛行機を降りるかどうかについては、現場スタッフの手配に準じる。経由地で飛行機を降りる必要がある場合、現場には専用の待合所がある。また、搭乗前にアナウンスでお知らせする(ターミナルを出る必要はあい)。

6、経由地で飛行機に乗り遅れた場合はどうするか。

経由地で飛行機を降りる場合、現場には専用の待合所がある。また、搭乗前にアナウンスでお知らせする。経由地で飛行機に乗り遅れる場合、自主放棄とする。変更や払い戻しはできない。

7、経由便の場合、旅客と荷物は一緒に飛行機を降りる必要があるか。

経由空港によって異なるため、当該空港の要求に従って決める。具体的には機内乗務員にご確認ください。通常受託手荷物を飛行機から卸す必要はあい(特別事情で改めて保安検査を受ける場合を除く)。ただし、手荷物や財産の安全を確保するために、手荷物を持って飛行機を降りる必要がある。