特別サポート

一、乳幼児旅客

1、どうして早産児は生後90日でなければ、搭乗できないか。

新生児の抵抗力が低く、呼吸機能が不完全で、鼻耳管炎が短くて鼻咽腔が常に粘液が塞がっている。飛行機が上昇・降下する際に、気圧変化が大きくなるため、体に対して刺激が大きくなる。なお、新生児は飲み込む動きができないため、鼓膜内外圧力のバランスを保つことが難しいと考えられる。従って、深セン航空は生後14日未満の乳幼児と生後90日未満の早産児を運送しない。

2、便につき、最大何名の乳幼児運送できるか。

定員に限りがあるが、現在、航空券を予約する際に状況を準じる。

3、どうして乳幼児は席を占めないのに、定員に限りがあるか?。

航空安全を保証するために、各座席には酸素マスクを1つしか備えていないので、全ての列に乳幼児用の酸素マスクが備えているわけではない。一部線路の乳幼児の定員に限りがある。航空会社が乳幼児用の救命胴衣を増量してから運送可能になる。

4、乳幼児用航空券はどのように購入するか。

(1)成人航空券がまだ発行されていない場合、乳幼児用航空券は成人航空券と一緒に予約できる。

(2)成人航空券が既に発行された後、乳幼児用航空券を追加したい場合、95361-1電話で予約できるが、お支払い方法はクレジットカード払いのみである。クレジットカード払いができない場合、乳幼児の有効な身分証明書を持って、深セン航空直属のいずれかの販売所或いは、深セン航空の空港カウンターで乳幼児用航空券の追加を申し込むことができる。1便につき、乳幼児の定員に限りがあるので、成人航空券を予約した後、できるだけ早く乳幼児用航空券を予約することをお薦めする。具体的には、申込む際にの状況に準じる。

二、児童旅客

1、国内線のファーストクラスの児童用航空券を割引で予約できるか。

申し訳ないが、児童旅客がファーストクラスの航空券を予約する場合、原価でしか購入できない。即ち:ファーストクラス通常運賃の50%に相応する。

2.なぜ、児童がファーストクラスの優待券を購入できないか(例: 超格安ファーストクラス、割引ファーストクラス)

特別価格商品には特有の制限条件があり、商品規則に従って実行しなければならないので、児童旅客には当面適用しない。

3、公式ウェブサイトで国内線の成人航空券の価格は5割引価格より安いことを見たが、必ず児童用航空券をお選びいただきたい。

公式ウェブサイトの価格が5割を下回り、残り枚数が十分である場合、システムは児童に割引率が高い航空券を自動的に選択するが、発行後の取消や変更の料金基準は相応する規定に従って実行する。注意:航空券を予約する際に、必ず児童用航空券をお絵選びいただきたい。

4、国内線の児童の税金と費用どのように计算するか。

年齢に関する要求を満たす児童旅客は児童用航空券を購入する場合、空港建設費を免除し、燃油特別付加運賃を半額とする。

5、成人と子供の航空券はそれぞれ違う経路で予約したが、搭乗に影響するか。

同一時刻、同一便の航空券を予約し、両方の航空券が既に発行された場合、搭乗に影響しない。

6、成人航空券を別経路で予約したが、児童用航空券をどのように追加するか。

大人のチケットが成功したことを確認した場合、子供の航空券は95361-1#購入できる(国際航空便(95361-2#))。例えば、予約可能な席があれば、子供の票を注文して、クレジットカードで支払うことができる。

(2) 成人航空券が無事に発行されたと確認した場合、95361-1#電話で児童航空券を予約できる(国際線の場合は95361-2#)。予約できる座席があれば、追加が可能です。クレジットカードで支払いできる。

【ご注意】成人と児童は同じクラスでなければならない。例成人はファーストクラスの航空券をご予約の場合、児童もファーストクラスを予約しなければならない。成人はエコノミークラスの航空券をご予約の場合、児童もエコノミークラスを予約しなければならない。

7、深セン航空の公式ウェブサイトで児童用航空券を単独で購入できるか。

申し訳ないが、現在、深セン航空の公式ウェブサイトで児童用航空券を単独で購入できない。

三、付添人のいない子供

1、満12歳で18歳未満の未成年者が単独で搭乗できるか。

現在、深セン航空は付添人のいない児童の自主的申し込みを有料で受け付ける。12歳(含)から18歳まで(含まない)未成年者が単独で搭乗することに関して、各地の空港の要求が異なるため、必ず搭乗できると保証でいません。現場の取り扱い方法に準じる。

2、付添人のいない児童に関するサービス料金はどのように支払いか。

(1)95361電話で航空券を予約した場合、まず航空券料金を支払い、付添人のいない児童に関するサービス料金は始発地の深セン航空直属の販売所或いは始発地の空港カウンターで支払い、『料金表』をお受け取りいただきたい。

(2)深セン航空直属の販売所で予約した場合、販売所で直接にサービスを申し込み、航空券料金及びサービス料金を一緒に支払い、『料金表』をお受け取りいただきたい。

3、送迎する成人が必ず子供の両親か。

現在、子供の両親に限らない。

4、付添人のいない児童のための専用座席があるか。

現在、付添人のいない児童のための専用座席がない。具体的には現場の取り扱い方法に準じる。

5、付添人のいない児童が飛行機を降りた後どうするか。

飛行機を降りた後、乗務員が付添人のいない児童をグラウンドスタッフに引渡し、グラウンドスタッフによって出迎人に引き渡す。従って、出迎人の情報情報は必ず正確で詳しくなければならない。

6、付添人のいない児童に対するマンツーマンサービスがあるか。

申し訳ないが、現在深セン航空は、付添人のいない児童にマンツーマンサービスを提供していない。

7、付添人のいない児童が一人で搭乗する場合、機内でどのように面倒を見られるか。

機内の愛心お姉さんは、付添人のいない児童に機内安全注意事項を説明し、全行程において面倒を見る。機内業務が繁忙な際に、乗務員は隣席の旅客に付添人のいない児童の世話を頼む。通常のサービスプログラム以外に、夏休みや冬休み期間中、児童向けの機内イベント(例えば:機内絵画コンテスト、機内児童職業体験など)を行うこともある。降下する際に、乗務員は再び付添人のいない児童に着陸注意事項を確認する。飛行機を降りた後「保護者への手紙」を送り、子供の機内状況をお伝えする。

8、付添人のいない児童の搭乗安全性についてどう考慮するか。

安心して子供を私たちにお引渡しいただきたい。我々のスタッフはショートメッセージを通して子供の情報を知らせ、保護者がいつでもそれを把握できる。送迎人に安心させるように努力する。

9、付添人のいない児童用航空券の期日を変えるか。

期日変更が必要な場合、予約した便の離陸前日の15:00までに申し込んでいただきたい。申込成功後、当期日変更ができる。

10、コードシェア便は、付添人のいない児童を申し込めるか。

12歳未満の子供が付添人のいない児童サービスを申込む場合、航空券を購入する前に提出する必要がある。現在、深セン航空が提供する付添人のいない児童サービスは、深セン航空が実際に運送を引き受ける便に限りる。コードシェア便における付添人のいない児童サービスを申し込みたい場合、実際に運送を引き受ける航空会社に電話でサービスの申込と航空券の購入を行っていただきたい。

11、満12歳で18歳未満の未成年者が単独で12歳未満の児童を連れて搭乗できるか。

できない。児童旅客をお連れの成人旅客は必ず満18歳でなければならない。お子様が満5歳の場合、同伴する大人がいない児童サービスを申し込むことをお勧めする。

12、児童用航空券を予約したが、付添人のいない児童に変更したい場合どうするか。

誠に申し訳ないが、すでに通常の児童用航空券を予約した場合、直接に付添人のいない児童サービスを申し込めない。元の航空券を取消し、改めて児童サービスを申し込んでいただきたい。元の航空券は自発的な取り消しと見なし処理する。

13、付添人のいない児童用航空券を予約したが、成人用航空券を追加したい場合はどうするか。

既に付添人のいない児童用航空券を予約したが、同伴する大人がいる場合、成人用航空券を通常通りに予約し、搭乗日に児童を連れて搭乗手続きを行っていい。

四、車椅子をご利用の旅客

1.車椅子サービスを申し込む条件は。

足が不便、負傷の搭乗人、或いは障害者(足が不自由)が申し込める。車椅子の申請要求に応じて自主的に選択し、深セン航空指定販売所で手続きを行っていただきたい。

2、空港の現場で車椅子の旅客をどのように保障するか。

搭乗日、搭乗人は空港の特殊旅客カウンターで手続きを行い、現場の取り扱い方法に準じる。。

3、経由便で車椅子を申し込む場合、飛行機を降りる必要が必要あるか。

経由便で途中で飛行機を降りる必要があるかどうかについて、現場の手配に準じる。

4、車椅子サービスは始発地と目的地両方にあるか。

始発地で車椅子サービスの申込に成功した場合、始発地と目的地の両方で車椅子サービスを提供する。

5、持参の車椅子は飛行機に持ち込めるか。

搭乗人が車椅子を持参する場合、適切に包装し、受託手荷物として運送しなければならない。

五、担架をご利用の旅客

1.担架を使用する場合、ファーストクラスを申し込めるか。

申し訳ないが、現在、担架をご利用の旅客エコノミークラスにのみ配置させていただく。

2.担架の旅客は搭乗手続きを行う際に、どのような証明書を持って行くか。

担架旅客サービスの申込に成功した後、搭乗日に「診断証明書」と「搭乗申請書」の原本を持って空港に到着し、関連手続きを行っていただきたい。(証明資料に関する具体的な要求はサービスの申込を受け付けた販売所にお問い合わせいただきたい。)

3. 担架を利用する旅客はどのぐらい前に空港に到着するか。

飛行機離陸時刻の3時間前に、「診断証明書」と「搭乗申請書」の原本を持って空港に到着し関連手続きを行うようにお薦めする。

4.1便につき、担架を利用する旅客を何名申し込めるか。

1便につき1名に限りる。

5、担架サービスは医師を提供するか。それとも自分で医師を連れて行くか。医師に航空券を購入する必要があるか。同伴する他の人には、航空券を購入する必要があるか。

担架をご利用の旅客は、少なくとも医師又は介護者一名の同伴が必要である。患者にとって旅行中の医務介護が必要ではない場合、その家族や後見人が同伴者であっても構わない。同伴する家族や医療スタッフは通常の旅客と見なし航空券を購入しなければならない。

6. 担架サービスの航空券を購入したが、飛行機を降りた後救急車が必要な場合、どこに連絡するか。

旅客が救急車、昇降機、機内ストレッチャーなどの特殊設備を必要とする場合、直接に空港救急センターにご連絡いただきたい。ご自身でその料金を支払う。

六、視覚障害者の旅客

1、視覚障害者は単独で搭乗する際に、年齢制限があるか。

単独で搭乗する視覚障害者は、満16歳でなければならない。

2.1便につき、視覚障害者を何名まで運送できるか。

4名である。

3、視覚障害者はどのように航空券を予約するか。

搭乗ん人が視覚障害者サービスをご希望の場合、深セン航空の指定販売所でサービスの申込と航空券の購入をお行いいただきたい。

4、視覚障害者はどれぐらい前に申し込めばいいか。

申し込み条件に関しては指定販売所にお問い合わせいただきたい。

5、視覚障害者はどのように搭乗手続きを行うか。

旅客が空港に到着した後、家族またはその世話人がまずお問合せカウンターで『深セン航空会社特殊サービス旅客搭乗通知書』に記入し、空港スタッフの指示に従い、手続きを行う。

6、一般旅客と同伴する視覚障害者は視覚障害者サービスを申し込む必要があるか。

必要ない。同伴者が搭乗手続きを手伝い、搭乗に同伴し、機内で世話できればいい。

7.二種類の特殊サービスを同時に申し込めるか。例えば視覚障害者が車椅子を必要とする場合。

多種の特殊旅サービスの申込みをご希望の場合、サービスを保障できるかどうかについて指定販売所にお問い合わせいただきたい。販売所の回答に準じる。

七、高齢者のご搭乗

1、高齢者の搭乗に関する年齢制限があるか。

こんにちは、深セン航空には高齢者の搭乗に関する年齢制限がなく、一般旅客と見なする。搭乗者の健康状態が良好で、搭乗に適宜すれば、搭乗可能でだる。ただし、搭乗当日、現場スタッフは安全を考慮し、老人の体調に基づいて搭乗の適否を判断し、関連検査や書類の署名に協力するように要求することもある。旅客の飛行安全を保障するため、現場スタッフには搭乗不適宜と判断した旅客の搭乗を拒否する権利を有する。航空券の払い戻しは自発的取消と見なし行う。

2、付添人のいない高齢者サービスはあるか。

申し訳ないが、現在、深セン航空は付添人のいない高齢者サービスがないため、ご提供できない。

3、空港には高齢者特殊サービスがあるか。

搭乗日に離陸時刻の90分前に空港カウンターまでお問い合わせいただきたい。スタッフは当日のフライト保障状況に応じてでまでお客様に問い合わせ、職員は当日の航空便の保障状況を酌量して処理する。具体的には現場の取り扱い方法に準じる。

4、高齢障害者に優遇はあるか。

現在、深セン航空は革命傷痍軍人のみに対し、相応する優遇がある。高齢者及び一般障害者には関連優遇政策はなお。ご不便をおかけして大変申し訳ない。