深圳航空、最初の航空機3機に海事衛星システムを換装

深圳航空の航空機B-6750の高レベル整備が完了し、深圳航空の最初の3機には海事衛星システムが無事換装されました。これにより航空通信の能力が強化され、航空管制の効率が改善されました。深圳航空は2020年に保有機の海事衛星システム換装を完了する予定です。

深圳航空の整備部門は、換装前に人員を手配して換装訓練とメンテナンスタスクカードを使った学習を行いました。換装プロジェクト責任者は、スタッフに対し異なるSOPモジュールを割り当て、各モジュールで作業を同時進行させ、干渉を最小限に抑えました。効率を高めるため、換装チームは事前にマニュアルの準備、工具の借り入れ、航空機材の確保等を済ませ、器材と回路をチェックし、換装中の生産圧力を軽減しました。また各換装チームでは毎日換装の問題点をまとめて、関連する作業調整を行い、問題点が遅滞なく解決されるように努めました。

3機への換装後、同部門は海事衛星システム換装プロジェクトの下で行った作業を見直す会議を実施しました。同部門のスタッフが施工技術、工程設計、航空機材の準備や特殊工具の確保を通して得た経験についてまとめ、このようなプロジェクトにおいて必要な工具および航空機材のリストを作成し、換装プロセスを最適化しました。これにより換装サイクルが1日短縮されます。引き続き、スタッフのスキルの向上、人員削減、プロセスのさらなる最適化を行っていきます。

インマルサット(INMARSAT)は移動衛星通信システム(MSS)の1種であり、船舶、車両、航空機、スポーツ関係者に通信サービスを提供します。